第18号 #18

KBT MAGAZINE

株式会社SHAKE HEART

INTERVIEW

成功した人にヒントを
聞いてみてください。
めげないこと、やり続ける、
ということが大事です。

#10
KBT-GROUP市川店 
株式会社SHAKE HEART
代表取締役 伊藤 拓真さん

全国のFC加盟店の仲間に会いにいく連載インタビュー企画

KBT-GROUP市川店 
株式会社SHAKE HEART

伊藤 拓真代表取締役

img01
--
KBT-GROUPに加盟したきっかけをお聞かせください。
伊藤さん
友人からのご紹介で加盟したのがきっかけです。
KBT-GROUPに加盟する前、Webの集客コンサルと飲食店経営をしていました。そのコンサルの仕事はEC(ネット通販)に関してのお仕事だったので、ECサイトで売れれば売れる程荷物の配送量がどんどん増えていくということに気づいた時に、「物流は面白いんじゃないか。」と考えました。
そういった考えから、当時在籍していた会社で「物流をやってみてはどうか。」と提案したのですが、残念ながら聞き入れてもらえませんでした。それならばと会社を退職し、自分の地場で雇用を生むために自ら会社を立ち上げてやってみようと思い、軽貨物事業で起業しました。
最初の半年ぐらいは、昼間軽貨物の会社をやって夜には飲食店のお店へ接客に出ていました。その頃の睡眠時間は1日2時間あれば良かったほうです。最初は大変でしたが、場所柄もいいところ(西麻布)に飲食店があったので、お客様の層も裕福な方が多く有名な経営者の方々も来ており、「物流はこれから面白くなるんじゃない?」というアドバイスもいただいたので、頑張ってみようと思い現在に至ります。
加盟して3年が経ちましたが、現在は軽貨物と飲食のコンサルをやっています。
--
軽貨物事業を始めてから現在に至るまでの手応えについてはいかがでしょうか。
伊藤さん
軽貨物はすごく面白いです。お世話になっている横の繋がり(グループの会社)があり、墨田店の佐久間社長、江戸川店の渡部社長、戸田店の吉川社長は、とても僕の中で恩を感じています。やはり、成功している人たちについてくというのは、一番早い話じゃないですか。グループ本部の岩本社長もおっしゃっている「成功できるレールは引いてあります」というのは本当で、成功している社長の真似をし、自分のできる範囲でトライ&エラーをこなし、いいものだけを続けていく。という方法で結果を出すことができるのです。当社は、3年間で売上が約10倍になっています。
それはやはりドライバーさんには日々よく働いてもらっていますし、私を支えてくれる人たち(従業員や賛同してくれている協力会社さん)がいてこその結果です。私一人でここまで大きくなってきた訳ではないので、大変有り難いです。また、【協力会社】という言葉が凄く好きですね。お互いに協力しているから穴があっても埋め合おうよ、という同じベクトルを向いている同じスタンスの会社さんと一緒にやれる、というのは伸び率が早いと思うんですよ。これがKBT-GROUPの強みですね。
img02
--
3年間軽貨物の仕事をしてきて、どのような変化がありましたか?
伊藤さん
仕事のやり方が変わりました。ドライバーが増えた分自分の手が届かないところのケアが最初は厳しく感じました。車両15台までは私一人で管理をしていて現在50台なのですが、自分一人で管理できる範囲だと思ったのは15台まででした。ですので、自分以外のドライバーを管理する側の人を増やしたことで、事業が加速化はできたと感じています。
従業員を入れるというのは利益度外視的な部分はありますが、社員を雇うというのは生涯年収などを考えると1億の買い物をするようなものと知人に言われたこともあります。その覚悟が出来た時に自分の会社が大きくなるのだ、と。私もそう思い、事業を広げたくて人を入れるんじゃなくて、事業を根付かせたくて人を入れるという感じで、攻めだけど守りという感じで覚悟をし、賛同してくれる仲間を会社に入れ、一緒に頑張っています。
--
過去の経歴から現在に活かされていることはありますか?
伊藤さん
あります。カクテルを作るのと似ていて、相手の求めるものを例えばカクテルのようにどのベースにして、どのリキュールを入れるか、をよく考えることができています。相手の求めるものに100%答えなければいけないため、軽貨物もそこの現場にはどういう人が必要なのか選んだり、どんなことを求めているかを見極めて、サービスを提供するようにしています。
img03
--
御社にはどのようなドライバーさんたちが所属しておりますか?
伊藤さん
変わった所でいうと元市議会議員がいたり、自分の目的・夢がある人(お金をためたい人)がとても多いです。「自分のお店をだしたい」「起業したい」などの目標がある人が多いですね。
--
ドライバーさんに対する御社の工夫などお聞かせ願えますか。
伊藤さん
社内で改善しているのは、なるべく年齢に合わせた職の環境を与えることが大事と考えています。自分より上の年齢の人は若い人とは仕事に対する価値観が違うので、かといって自分が20代の時と今の20代とは考えが違います。いままで通りと同じことをやってもその子達が根付かないので、若い人は何を考えているのか、何のために働くのか、というのを知る必要があると思っています。
そして、ただ我儘を聞くというんじゃなくて、本人の希望に擦り寄ってあげる、環境をあわせてあげるというのをしています。相手が委託のドライバーさんといっても、最低限管理会社から歩み寄ることが非常に大切だと思いますね。
--
オーナーを目指す方にメッセージをお願いいたします。
伊藤さん
一番はめげないこと、やり続ける、ということが大事です。
また、私がオーナーになりたての際に成功してきたKBT-GROUPの先輩たちを真似してきたように、ぜひ成功した人にヒントを聞いてみてください。
プロフィール写真

オーナープロフィール

株式会社SHAKE HEART

代表取締役 伊藤 拓真さん

1978年4月28日生まれ 東京都文京区出身

座右の銘:
言葉が変われば心が変わる。心が変われば行動が変わる。行動が変われば習慣が変わる。
習慣が変われば人格が変わる。人格が変われば運命が変わる。

いままでやってきたお仕事:ECコンサル、飲食店、バーテンダー、Webマーケター